TOPICS

寂しい主婦・孤独な主婦 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    大切な友達

    神様からのプレゼント 隣町へ引っ越したものの、やっぱり田舎には変わりなかった。 私が歩いていただけで、仕事から帰宅した夫の耳に入っていた(笑) でもカラオケ(1店舗だけだけど)もある、自力で銀行も行ける、 以前より少しだけ良いこと探しをして暮らしていた。 パートは殆どが最低賃金だった。 本当は銀行の派遣を希望していたけれど、 派遣の求人は1つもなく、銀行も最低賃金だった。 あーぁ本当に田舎なんだな・・・と実感した。 そんな中、ネットでフラワーアレンジメントとポーセラーツのサロンを 見つけた。 宣伝もしていなく住所も書いていなくて、 直接メールで連絡をしてください と書いてあった。 思い切ってメ…

    あやのん

    まさかの田舎生活へ

    読者になる
  • 2位

    え?またですか??

    田舎は葬儀が多いのだった 引越して半月くらい経った頃、 夫が「今日は◯◯さんのお通夜に行くから」と言った。 まだ聞いたことのない名前の人だった。 今まで暮らしていた札幌は、ある意味、人間関係が希薄なので、 私は親族以外で、お通夜まで行ったのは、 とても親しくしていた職場の先輩が亡くなられた時だけだった。 喪服も一着しか買ったことがなかった。 妹が短大生の頃、祖母が危篤になり、慌てて喪服を買ったが、 そのあと祖母は蘇り、それから5年後に他界した。 葬儀で、妹は、いかにも学生っぽい喪服を、そのまま着ていた。 それくらい葬儀には縁がなかった。 同僚の親御さんが亡くなられても、行くのは支店長と直々の上…

    あやのん

    まさかの田舎生活へ

    読者になる
  • 3位

    たくさんたくさん話す

    もう住みたくないよー 早くも田舎生活が辛くて、たまらなくなった。 夫に、ここに来てから、こういう事があった。私には理解出来ない。 働く場所もない、家事の合間にネットを見るだけ。 自分で買物へも行きたいし、もっと読書もしたい。 本当に今の生活には耐えられない。 特に汲み取りトイレは精神的に苦痛で仕方ない。 この町から離れたい と様々なことを打ち明けた。 真剣に聞いてくれて、たくさんたくさん話した。 夫は「分かった。札幌には未だ帰れないけれど、 とりあえずスーパーのある隣町へ引っ越そう」 と言ってくれた。 今なら職場は目の前で社宅で家賃も安いのに、 車で40分かけて通勤してくれると言ってくれた。 …

    あやのん

    まさかの田舎生活へ

    読者になる