searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

昭和の思い出

THEME
help
昭和の思い出
テーマ名
昭和の思い出
テーマの詳細
私達の青春時代だった「昭和」 子供の頃や学生時代の思い出・懐かしのアイドル 懐かしい歌・バブル全盛期の武勇伝などなど… 昭和に関することならなんでもOK!です☆ トラバでフィーバーしちゃいましょう〜〜(*^-^)♭
テーマ投稿数
2,106件
参加メンバー
247人
管理人
じょりー管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「昭和の思い出」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「昭和の思い出 主婦日記ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

昭和の思い出の記事

1件〜50件

  • スコッチ・カセットテープ
    2020/09/19 15:07
    スコッチ・カセットテープ

      ちょっと懐かしい有名な広告だと思うが、知らない人にはまるでピンとこないかもしれない。 この耳を石膏でかたどっただけの写真、これが妙にインパクトがあったのを記憶している。 「音のノイズ」ということを表現するのに、これほどうってつけの写真はなかったと思っ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 新型サニーは色がセクシーじゃない
    2020/09/17 20:26
    新型サニーは色がセクシーじゃない

     新型コロナならぬ新型サニー。 サニーサイドアップって目玉焼きのことだw。 こういう麗しいお姉さんたちが誘ってくれて、仲間に入れてと、フラフラついていってしまう誘惑。 健康的で、むき出しの腕の匂いがする。 テニスってのはやはり淫靡だ。なんだか後ろのフェンス

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • エアチェックとは
    2020/09/14 11:59
    エアチェックとは

     エアチェック、それは音質のよいFMステレオ音源から曲をダビングすることだ。 これが昭和の時代はよくやられていた。 「流行していた」というわけではない。録音するには色々と手間でもあったし、生放送で、ラジオにかじりついて録音のタイミングを計る必要があった。 

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • フィルタータバコ・CABIN
    2020/09/11 18:32
    フィルタータバコ・CABIN

     世間の健康ブームというのもあって、タバコのフィルターに工夫をすることが流行した。 活性炭を入れるとか何かの繊維を入れるとか、そんな開発がやたらとされた。 広告のアピールポイントは能書きとフィルターの構造分解図だろう。 だから本来なら女性の写真はいらない

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 日本航空 ZEROの旅
    2020/09/09 19:38
    日本航空 ZEROの旅

     日本航空が企画した「ZEROの旅」というのは、その後のバックパッカーブームに先鞭をつける形となった。 アメリカではバックパッカーがヒッピーあたりから若者の間で盛んになってはいたが、日本はまだ流行までにはいたらなかった。 まだ「グループ旅行」という方が多かっ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 縄跳び
    2020/09/08 23:24
    縄跳び

     縄跳びには二つの種類があります。  ひとつはみんなで跳ぶ大きな縄跳び。  二人が長いロープを持って大きな輪を描いて回す。  その中に子供たちが次々に入っては跳んで出て行く、誰がひっかかって止

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • そろばん
    2020/09/08 23:23
    そろばん

     学校でそろばんの授業というのがあって、買わせられたことがあります。  「願いましては」なんていちいち唱えて、こうして計算するのだと教えられた。  そして「便利なものを昔の人は考え付いたものだ」

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 洗剤トップ・ザブからアタックへ
    2020/09/08 10:11
    洗剤トップ・ザブからアタックへ

    【健康で楽しい家庭はごはんから】山形県長井市【山形長井食彩館・須藤米店】です。コモディイイダ(旧・飯田百貨店)安行店にお世話になっていた頃の、昭和61年~平成元年当時の思い出話です。当時は日用品・雑貨(16・17)担当でしたが、日によっては石鹸部門(10)に品出し等もおこなっていました。洗濯洗剤は、昭和から平成にかけて進化しました。大きな洗濯洗剤は【ザブ】や【トップ】から【アタック】柔軟剤は【ソフラン】や【ハミング】から【ソフラン1/3】や【ハミング1/3】へと、コンパクトになった時代でした。平成~令和は益々進化してコンパクトになりました。また、トイレットペーパーは【シングルロール】【ダブルロール】があり、地域によって売れ筋がちがいました。ちなみに安行店は【ダブルロール】の方がよく売れていました。今でも【特大ト...洗剤トップ・ザブからアタックへ

    山形長井食彩館・須藤米店

    山形長井食彩館・須藤米店

  • 裁縫セット
    2020/09/05 22:07
    裁縫セット

     どうしたわけか「裁縫をやれ」という授業があった。  男子でもそれはやらされ、裁縫セットというのを買わせられた。  今ならどうなのだろうか。  生徒の選択制だのとやって、また現場は自由を曲解した

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 光化学スモッグ
    2020/09/04 19:01
    光化学スモッグ

    昭和の高度成長期には各地で公害が発生しました。  「光化学スモッグ」というものもそのひとつでした。  主に都会、交通量の多い、自動車からの排気ガスが溜まりやすいところで、亜硫酸ガスなど有害なガス

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • デルモンテ・キッコーマン
    2020/08/31 20:50
    デルモンテ・キッコーマン

      朝といったらトマトジュースだ。 そういうイメージを刷り込むのにどれだけ成功したのか、どうか。 朝は味噌汁とご飯だった日本人がこういう広告攻勢でどれだけ感化されたのかは分からない。 朝ごはんの支度だと子供を呼びに行こうとしたら、冷蔵庫をすでに開けて

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • カセット・ワインダー
    2020/08/30 23:48
    カセット・ワインダー

     カセットテープには昭和の人はさんざん苦労させられたはずだw。 オープンリールからコンパクトになって便利になったのはいいが、人々はカセットテープを使いこなしてなんとか自分のモノにしようと、あれこれ知恵を絞ったことだろう。 これもそんな製品のひとつではあるの

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 授業参観
    2020/08/29 03:05
    授業参観

     こんなことが今でも学校でやられているかどうか、それは知りません。  父兄のフリをした不審者も考えられるでしょうし、どだい授業というものはもはやそれほど重要ではないはずです。  ましてやコロナと

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 色紙遊び
    2020/08/29 03:04
    色紙遊び

    「しきし」ではなくて、「いろがみ」という読み方をする方です。  折り紙を折るための紙ですが、それは色とりどりの紙がありました。  それを水に漬け、色を出して混ぜたり、抜けさせたりする遊びがあり

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 押しくら饅頭
    2020/08/27 23:44
    押しくら饅頭

     おしくらまんじゅう  押されて泣くな、♪  おしくらまんじゅう  押されて泣くな、♪  冬の寒い日、それをやれば温まるなんていわれたものだ。  昭和の思い出だ。  ある日のこと、近所

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 日本の文書コミュニケーションのブレイクスルー
    2020/08/27 23:02
    日本の文書コミュニケーションのブレイクスルー

     昨晩の話を、もう少し続けてみることにします。 我が国が横書きへと移行していっても、過渡期には縦書きも混在していました。 もちろん、今でも縦書きというのは日本の文化に残っています。 その時々の用途に応じて、両者はうまく共存が出来ているように見えます。 印刷物のレイアウトの必要に応じて臨機応変。 悪く言えば節操がありませんw。 ただ、我々が作成する文書に関してはほとんど横書きになりました。  ...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • ナベサダのバイク
    2020/08/27 21:56
    ナベサダのバイク

      渡辺貞夫、いわゆるナベサダだ。 どこかしら愛嬌のあるオッサンで、しかもそれがサックスの名手だというのだからたいそう人気があった。 彼がキャラクターをやっているこのバイクは、当時でも珍しかったろう。 イタリアにモトペットだかモペットというバイクがあっ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 冷たい雪、素肌にツナギで冷ゃっこいw
    2020/08/26 22:48
    冷たい雪、素肌にツナギで冷ゃっこいw

      雪ですw。 冷たい雪に寝転んで、白いツナギ、下は素肌のままでしょう。少し色っぽい。 胸元が開き、ちょっと日焼けしているのか、もともと地黒なのか、肌が見えます。 涼しいです。 ひゃっこい(笑)。 地黒の人の肌というのは実際に触っても肌が冷たいものです(笑

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 日本の文書表現の変化で苦労した世代
    2020/08/26 22:43
    日本の文書表現の変化で苦労した世代

     映画なんかを観ても分かることですが欧米には古い時代からタイプライターがありました。 パチパチとタイプを打つ作家やジャーナリスト、これから殺される秘書なんかが忙しくタイプを打つシーンが当然のようににあったりしますw。 古いモノクロ映画でもあるのですから、当然のような道具だったのでしょう。 タイプライターは古い時代からあるものです。  今更ながら、そのことを考えると驚きます。  タイプライター...

    padroll bedroll

    振り返りの多いこと

  • 茅ヶ崎サンライズ
    2020/08/26 05:44
    茅ヶ崎サンライズ

    小学生の頃だったかな、この曲、好きだったな〜。もうジャケットがほんと、昭和♫      

    カリーナ

    カリーナのブログ

  • ネスカフェゴールドブレンド角
    2020/08/25 21:12
    ネスカフェゴールドブレンド角

      「頑固ボーイ」 。そんな言葉は聞いたことがない。きっとハヤらなかったんだろう。 「ボーイ」なんてつくのを考えると、「ハリキリボーイ」、「チェリーボーイ」、そのぐらいかw。  ツイストキャップのゴールドブレンドは、その瓶の形が角張っているのを商品の

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • フレッシュライムのオールド・スパイス
    2020/08/23 20:56
    フレッシュライムのオールド・スパイス

     このブログでは、このオールドスパイスの広告はすっかりお馴染みになってしまった。  どうしてライムが「アメリカンスピリット」につながるかはよく分からない。 もしかしたら、ウェストハリウッド辺りの自由な感じ、開放された雰囲気ということなんだろうか。 ちょっ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • デルモンテ・トマジュー
    2020/08/22 21:42
    デルモンテ・トマジュー

      ちょっと前にもデルモンテのトマトジュースの広告を紹介した。 これはシリーズものになったのだと思う。 これもちょっとした洒落で、このままポスターになってもよさそうな広告だ。 こんなアメリカのありきたりの日常を切り取ったような写真は昔からよくあるものだ。

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 逆上がり
    2020/08/22 13:38
    逆上がり

     なかなかできなくて、ひどく困ったものです。  この逆上がりができることこそが学校での最も重要なことのように思わせられたりもしたものです。  単に体育の授業のひとつであったはずのことが、なぜか

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • ヒーローごっこ
    2020/08/20 00:09
    ヒーローごっこ

    子供たち、特に男の子たちというのはみなヒーローが大好きでした。  女子たちは男子の遊ぶのを不思議そうに見ていた。  この男子たちのヒーローへの思い入れというものがよく分からないのか、それとも自分ら

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • テニスの色事師
    2020/08/19 23:32
    テニスの色事師

     またテニス色事師か(笑)。  こうして教えてやるなんてやって、ボディタッチ、そしてスイングさせて、なんて昭和でよくやられていた光景だ。 呆れるほど露骨で、下心丸出しで、巷のテニスほどイヤらしいものはなかった。 まだまだウィンブルドンなんてなかなか見られ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • デビット・ボウイ
    2020/08/18 18:06
    デビット・ボウイ

     デビット・ボウイはとても透明な人だった。 グラムロックや若い頃の派手ないでたちではそうは気がつかなかったかが、歳をとり落ち着きが出てきた頃にはその透明感がわかる。 焼酎の宣伝にはうってつけだと言えただろう。 何かに染まるということがない。ニュートラルで

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • ロンソンというブランド
    2020/08/16 22:42
    ロンソンというブランド

      ロンソンってブランドのライターが有名だったという覚えがある。 ポーチとかキーケースとか、財布とか、こんなブランドとしてのものがあったのかと驚く。 ロンジンという時計はまた別だ。だから間違いがないと思う。 ロンソンというブランドは廃れたのだ。 なんだか

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 終戦記念日は空を見上げるだけ
    2020/08/16 00:56
    終戦記念日は空を見上げるだけ

    かの戦争を決して忘れてならないの当然なのですが、毎年、終戦記念日のTV番組はあまり観たくないと思う。説明が多すぎて、言葉が軽々しくひとり歩きしている感があるからかもしれない。番組に依るのかもだけど。 この日になると決まって、母が「8月15日は、毎年こうやって絶対に晴れるのよ...

    Ms.K

    Dear, me

  • 渡哲也とカゴメ・トマトジュース
    2020/08/14 23:42
    渡哲也とカゴメ・トマトジュース

     渡哲也です。男くさいというかなんと言うか、まさしくアニキです(笑)。 石原裕次郎の跡を継いだはずですが、色々と不運が重なりました。石原プロは確か解散となったとか。 本来なら面白い人なのですが、世間が要求するものとはズレがあり自由にやるには厳しかった。

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • サイパンは通勤ラッシュから
    2020/08/13 17:20
    サイパンは通勤ラッシュから

     よく見ると意外と刺激的な広告だ。 サイパンへの南国旅行を誘う広告なのだが、上にあるのは日本、東京へ通勤する近郊住宅地の駅。団地なんかの駅。 たぶん埼玉あたりだろう。 その駅の自転車置き場が写っている。 毎日の通勤地獄、毎朝の通勤ラッシュ、大量に団地から

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • でかいスピーカーの意味
    2020/08/12 23:03
    でかいスピーカーの意味

     メーカーはダイアトーン。  全ては思い出の彼方に。 この女性の大きな鼻筋、そして手にしたタバコ、昔はタバコが自由に吸えた。いい時代だった。 この女性の貧乳ではあってもどこか貴婦人的な仕草、そして手袋、スピーカーの上に置かれた酒のボトル。 なんとなくわく

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 趣味のテニスってのは卑猥にしか思えない
    2020/08/11 22:23
    趣味のテニスってのは卑猥にしか思えない

     これは全くの偏見に過ぎないが、テニスというのは我が国では男女間の関係をとりもつ小道具でしかなかったと思う。 そのテニスをするという裏にある、よこしまな思惑や欲望から穢れたものに思ってしまう。 それこそ昔からそうだった。 こういう虫も殺さないような顔をし

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • ハンカチ落とし
    2020/08/11 10:11
    ハンカチ落とし

     これはゲームの一種です。  体育館や校庭で、授業中に教師が子供たちにゲームをさせることがありました。  「ハンカチ落とし」というのは、そんなゲームのひとつでした。  野外学習や遠足の時、そ

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • これからこの国どうするの、と、こっそり言ってみせた広告
    2020/08/10 18:33
    これからこの国どうするの、と、こっそり言ってみせた広告

      誰をモデルにしているのか、かしましい感じで実に嫌な感じというのがわかるイラストだ。 大衆と言うもの、その嫌らしさ、群れる愚、流される衆愚。 しかしそれを言葉にしてしまえばあまりに強烈だ。 だがこうして漫画なんかで描いて見せれば、見た人は「自分のことで

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • カセットを選ぶ時があるというイメージ
    2020/08/09 22:31
    カセットを選ぶ時があるというイメージ

      「趣味の世界」というのが何事にもある。それは「高じれば」ということ。 写真好きが高じてカメラを自作してしまう。ボートが好きで、それが高じてボートを自分で作って海へと漕ぎ出してしまう。 分からない人にはどういう飛躍からそうなったのかピンとこないが、その

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • ドイツ、ロマンチック街道
    2020/08/08 18:48
    ドイツ、ロマンチック街道

     後ろに見えるのはハイデルベルグ大学だろうか。 ロクでもない大学だ。 歴史ある大学だからと、歴史建造物にあぐらを掻いていた。 すぐに中味などなくなってしまった。 ワインセラーを抱え、観光客が訪れ、学生たちはディズニーランドのキャストのように振舞っていたも

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 迷子
    2020/08/04 17:38
    迷子

     迷子というものがあります。どんなことが「迷子」なのでしょう。  親や保護者とはぐれてしまい、どうしてよいか分からないでいる子供。  泣いたり、独りでさ迷っていて、誰かに見咎められて保護され

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • アフターシェーブローション
    2020/08/03 18:28
    アフターシェーブローション

     またしてもオールドスパイス。このメーカーの広告はこのブログにはよく登場しています。 つくづくこのボトルデザインは昭和そのものだ思い感心します。「昭和博物館」あればそこに相応しい。 「海が躍る」なんて、箱から高波が来ているようなギミックなことをしますが、

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 初潮
    2020/08/02 20:12
    初潮

    女生徒の中には早くも小学生から初潮を迎えてしまう子がいました。  それは、多分にイレギュラーなことだったのだと思います。  突然に先生がドタバタと走り回って隣のクラスの教室に駆け込んでいきました。

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • デルモンテのブランド力
    2020/07/31 22:13
    デルモンテのブランド力

      写真のみの広告。 これを何と言ったらいいのか分からないが、いわば「一発広告」と言ったらよいのか。 写真が鮮明でないのが申し訳ないが、これは、 「スーパーで積み上げたデルモンテのトマト缶。   それが欲しいと、一番下から取ろうとしている子供にみんなが慌

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 靴を気にしていた時代
    2020/07/26 11:24
    靴を気にしていた時代

     昔は「男は足元を見られるものだ」さんなことを言われた。 その足元が貧相だと人間まで貧相だと決め付けられてしまう、と。  そうなるとなかなか見直してくれることはない、と。 昭和によく言われた話だ。 良い靴というのが貴重だった時代があって、アメリカでは「靴

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 高橋英樹、長嶋一茂の自宅を探訪しながら五反田駅界隈散策(2)
    2020/07/26 07:15
    高橋英樹、長嶋一茂の自宅を探訪しながら五反田駅界隈散策(2)

    前回の「貴乃花、有田哲平の自宅を探訪しながら五反田駅界隈散策(1)」では、江戸時代からの由緒ある土地・池田山を散策して、有田哲平、貴乃花の自宅まで散策しました。今回は、引き続き池田山を散策した後に、高橋英樹、長嶋一茂の自宅のある島津山を散策します。(※)他の芸能人関係の記事については、「芸能人・著名人関連」のカテゴリがありますので、ご関心のある方はこちらを御覧ください。★★★ ★★★(ねむの木の庭)前...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • お祭り
    2020/07/24 12:28
    お祭り

     「祭り」なんて、このコロナ感染拡大の今となっては、ちょっとできるかどうか分かりません。  感染者は拡大し、このままでは帰省することもどうなるか。  昭和の時代の「お祭り」というのはちょっと

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • ウォークマン、産業史はもっと公正であるべきだ
    2020/07/23 21:02
    ウォークマン、産業史はもっと公正であるべきだ

      ソニーの「ウォークマン」という革命的な製品の発売によって、世の中の生活は確実に変わった。 それは厳然とした事実だ。 「音楽を身につける」 、「音楽を聞きながら歩く」というのは、我々のライフスタイルにとって革命といってよいほどのインパクトがあったことだと

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 嘔吐
    2020/07/22 23:04
    嘔吐

     子供の頃はよく嘔吐をしていました。  学校帰りで、学校の裏庭で。  人知れず、嘔吐していました。  その後、カミユの小説に惹かれたというのは、決して偶然ではないでしょう(笑)。  冗談で

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • 夏休み
    2020/07/21 23:35
    夏休み

    いよいよ待ちに待った夏休みが近づいてきました。  コロナ感染拡大もあり、勉強も遅れています。  今の子供たちはそれどころではないんでしょうけれども。  昔は、夏休みがやってくるのを子供

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

  • デビット・ボウイ
    2020/07/21 15:59
    デビット・ボウイ

      デビット・ボウイ、この人のことで書くなら、とてもではないがブログのスペースでは足りない。 グラムロックの時代を駆け抜けた人だ。 実験的ロックとかそんな言葉が恥ずかしくなかった時代、ダイヤモンドのようにキラキラとした彼ら、多くのヒーローたちが時代を彩っ

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • ジョージ・ハリスン
    2020/07/19 18:44
    ジョージ・ハリスン

     製品の広告だというのにジョージハリスンなどと、個別のミュージシャンの名前を出すというのは今はやらない手法だ。 どうしたって人それぞれの好みがあるからだ。 染まってしまつてはたまらない。 ビートルズ伝説があったにしても、それはないだろう。 昭和の時代、

    rollitup_super

    rollitup 広告批評

  • 「早生まれ」と「遅生まれ」
    2020/07/17 18:42
    「早生まれ」と「遅生まれ」

     満年齢に応じて入学するのが学校という制度ですが、一年を4月を起点とすれば最大で一年弱の差が開きます。  同じ学年と言っても、ほぼ一年ぐらいの差があることになります。  本来ならまだ小さいのに

    誰の為蔵

    子供の頃にやったこと

カテゴリー一覧
商用